2012年どんどん焼き報告

 1月14日土曜日、2012年最初の行事として金井町内会どんどん焼きが行われました。今年一年がいい年でありますように、という願いを込めて正月飾りを盛大に焼きます。


 地方では結構見られる行事で、「どんど焼き」といわれることも多いようです。金井では「塞の神(さいのかみ)」といっていたこともありましたが、「どんどん焼き」と呼んでいます。一年の無病息災を祈る行事として親しまれていますが、残念なことに東京都内ではもうほとんど残っていません。その中で、金井町内会のどんどん焼きは規模の大きさで東京でも最大のものといっていいでしょう。
 全体のようす
 準備するお父さん、お母さんたち
 夕方5時に点火、9時頃には終わるどんどん焼きですが、都内最大規模のどんどん焼きのための準備にはかなりかかります。前の週から竹を切ってきて、団子をさせるように削ります。その本数は1000本以上ですから大変なものです。お団子は竹の本数の2倍作らなければなりませんから、一日かかります。他にもジュースや甘酒など、用意するものはたくさんあります。それでも4時頃までに大体の準備が終わり、お団子の販売開始。
塔
 これが塔です。向こうに見える人と大きさを比較してください
 点火を待ちわびる子供たちがお団子を持って塔を取り囲みます。塔の大きさは写真で見てもらえるとすぐに分かると思いますが、これが燃えている間に崩れてこないように立てるだけでも熟練の技です。
点火の様子
 5時。いよいよ点火です。今年は空気が少し乾燥していることもあって、すぐに炎が燃え上がります。近くで見ているとこわいくらいですが、幸い当日はほとんど風もなく、炎はまっすぐ、空高く伸びていきます。燃え上がると子供たちの歓声もひときわ大きくなります。
 おそらくほとんどの人が想像したより、空高く炎が舞い上がります。
 燃え上がり
 燃え上がるとこんな感じです
 燃え上がっている間は近づくと火の粉がかかるので、遠巻きに炎を見守ります。この夜空に伸びるほのおを見上げながら願いごとをする、これがどんどん焼きという行事の大切なところ、と町内会の役員から説明がありました。確かに、お正月飾りのある間はお正月気分かもしれませんが飾りを焼いて、お正月気分を吹っ切って今年一年がんばろうと思うことでしょうし、大人たちは真っ直ぐ伸びる炎のように子供たちがすくすくと成長して欲しいと願うかもしれません。ただのたきびではなく節目の行事ととらえると、みんなどういう気持ちでこの一年を過ごそうと思ったのかな、と自然に思いを巡らせてしまいます。
 応急処置
 早く焼きたい子供たち
 炎が静まると、いよいよみんな団子を焼き始めます。火の中に入れると焦げてしまうし竹が燃えてしまうかもしれませんから、燠火(おきび)の上にかざします。少し前まで落ち着きのなかった子どもたちも焼いている間は、辛抱強く待ち、神妙な顔をしています。 団子を焼く子供たち
 やっと焼けると、みなアツアツの団子を頬張っていました。食べ終わったあとの竹は、先が尖っていて危ないのですが、振り回す子もなく、とても楽しい、和やかな会になりました。
金井町内会 広報委員会