2011年合同防災訓練報告

 11月6日の日曜日、金井中学校にて合同防災訓練が開催されました。前日の雨で、グラウンドの状態が少し心配されましたが、当日は天気が崩れることもなく、屋外での活動に支障はありませんでした。そのため、訓練の成果を十分に上げることができました。
 参加者は金井町内会が大人257,子ども52の309名、森の丘自治会が45名、ライフタウン代官山自治会が11名,エステアベニュー代官山が15名でした。金井中の生徒さんや金井女性の会、消防団その他をあわせて506名の参加者となりました。前年が400名を下回っていましたので、今年は参加者がぐんと増えました。やはり3.11東日本大震災を受けて、日頃からの訓練、準備の必要性を感じる方が増えてきたということかもしれません。

 訓練は9時に始まりました。まず地区ごとにそれぞれ定められた避難場所に集合し、そのままいっしょに全体会場である金井中学校に移動しました。最初から金井中学校に集合すればよいという意見もいつも出るようですが、やはり地区ごとに集まらないと、ご近所のだれが来ていないか確認できません。お留守の家はよいとして、在宅していると思われる家の人がきていなければ下敷きになっている可能性もあります。そういうときにご近所で声をかけられるように各避難場所に集まったうえで、金井中学校に移動することになります。
 全体のようす
 このとおり、たくさんの参加をいただきました
 全体会場では、最初に挨拶などのあと、2つのグループに分かれて順に訓練を行いました。一つは、初動処置訓練です。地震があった場合を想定し、まず机などの下に入って身を守ります。次に火の元をチェックして、火が出ていたら燃え広がらないうちに、バケツで水をかけたり消火器で消火します。消火器を一度も操作したことのない人がほとんどでしょうから、いい機会です。訓練では、消火器の容器は本物ですが、中身は水と空気を詰めかえて何度も使います。でも、水が吹き出すさまは本当に使っているかのようです。子供たちももう少しふざけたりするかなと思っていたら、大人と同じかそれ以上に真面目にやっている感じでした。
消火訓練
 消火の訓練
 その後、瓦礫などの下敷きになっている人を救出する訓練です。車などに常備されているジャッキを使って重い角材を持ち上げ、下敷きになっている人(訓練ではもちろんダミーの人形)を救出します。これも単純にジャッキさえ使えばいいというのではなく、ジャッキが倒れたりすると逆に危険なので、持ち上げたら、間に材木を挟むなどの工夫が必要なこともわかりました。やはりやってみることは大切です。今ならいろいろ思いついても、本当にその場になったら、何も考えられないかもしれません。
 ジャッキ
 下敷きになった人を救出します
 その後、身近にあるものを使って応急の担架を作ります。材料は物干し竿に見立てた竹の棒と、どの家庭にでもある毛布です。この一枚の毛布をどのように使えば担架になるのか、このやり方で本当に毛布が外れることがないのか、と不思議になりますが、ちゃんと摩擦を考慮して組み立てることができるということですね。
 応急処置の仕方も習いました。本で読んだりイラストで見たりして知っている人も多いとは思いますが、やはり目の前でやってもらうと全く違います。
 応急処置
 応急処置を習いました
 今回は防災倉庫の中に何が入っているのか、その使い方はどうなのか、という質問が防災アンケートで出たことから、その結果を元に訓練内容として取り入れました。街角にある防災倉庫は外からはただの物置くらいにしか見えないのですが、どんなものが入っているのか、使い方はどうなのか、ということについて学びました。もちろんほとんど誰も全く知らないことでしたので、これを見て逆に家庭で何を揃えなければならないかを理解した人も多いことでしょう
防災倉庫
 防災倉庫の中身について。皆さん熱心です
 さらに、今年出来上がった防災マップの見方について説明がありました。防災に必要な情報などもいろいろ出ています。何が書かれているのか、家に帰って一度見てみようと思った人もいるかもしれません。
防災マップの見方
 防災マップの見方。ただの「住宅地図」ではありません
 学校のようにプールのある所では、非常の場合にプールの水を消毒し、活性炭などで浄化して飲み水を作ることができること、さらにその装置の動かし方についても教わりました。
当てくじと子供
 炊き出しのようす
 訓練のあとはお待ちかねの炊き出しです。子供たちの参加も多いことがわかっていましたので、子どもに人気のカレーです。女性の会の方が朝から火を起こして、心を込めて作って下さいました。非常時だったら何を食べてもおいしいということになるでしょうが、今は平時ですから、味に対しても贅沢になっているものと思われます。その舌で判断してもとても美味しいカレーでした。予想通りすぐになくなりました。
金井町内会 広報委員会